けろグ

   むむむ、完全にネタ帳です。 新鮮なネタをどんどんスクラップして行きます☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

ジャイアンリサイタルで学ぶ古典落語

NHKの朝ドラ「ちりとてちん」は
福井出身のヒロインが上方落語修行をするお話です。
そのため、演出にも落語ネタが豊富にちりばめられている様子

先日はキム兄演じる居酒屋店主、熊五郎が
常連客などを強制的に参加させてリサイタルを行ったそうで
その姿が、どこかドラえもんの「ジャイアンリサイタル」を彷彿とさせるが
これはドラえもんではなく実は
上方落語の『寝床』という演題をパロったとのこと
むむむ、じゃぁ
ジャイアンリサイタルも上方落語のパロディなの

っていう記事です笑
ジャイアンリサイタルは落語が元ネタだった!? | エキサイトニュース

じつは
藤子・F・不二雄さん自身が大の落語好きだったらしく
ドラえもんのほかにも「21エモン」「おばけのQ太郎」なんかでも、
古典落語の世界を垣間見ることができるようです


みなさんは高校時代、古文・漢文はお好きでしたか?

あれって書いてある「言葉」自体はなかなかなじみがなくて取っ付きにくいけど
いったんある程度読めるようになってしまうと、あら不思議

さすが世紀を超えて語り継がれている文章

なだけあって、中身はなかなか面白いことが多いですよね

そう考えると
口調を現代っ子にわかりやすくしてくれただけでなく
さらにアニメーション化して親しみやすくしてくれたのだから
藤子・F氏は現代における古典落語の発展に
さりげなく貢献していたのかもしれないですねッ
スポンサーサイト
[ 2007/12/11 ] | +.ネタ記事.+ | CM(2) | TB(0)
+.COMMENTS.+
この記事へのコメント
読んでみて納得!
ジャイアンリサイタルネタ地味に好きやったわ~w
2007/12/11(火) 23:48 | URL | kazu #-[ EDiT]
藤子・F・不二雄作品が日本人に愛される理由は
もしかしたらこの脈々と受け継がれる日本的な笑いのルーツにあるのかもねv-22
2007/12/12(水) 01:07 | URL | けろり #-[ EDiT]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
PASS:
秘密? 秘密のコメントにする
 
'+.TRACKBACKS.+'
この記事のトラックバックURL
http://kelori.blog69.fc2.com/tb.php/11-c18b2d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
PROFiLE

TRACKBACKS

リアルタイムつぶやき@Twitter
モノ申す!

+.名.+
+.アド.+
+.題.+
+.文.+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。