けろグ

   むむむ、完全にネタ帳です。 新鮮なネタをどんどんスクラップして行きます☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

「古い建築」の再利用

田舎の観光地や
「○○の小京都」て言われるとことか、京都とかで

「昔は蔵だった建物でカフェを開いています」
「築120年の古民家を改築した趣のある旅館」

ってよく耳にします

単に建物や調度品に深い趣があるだけでなく
昔そこに住んでいた人の生活をちらっと想像してみたりして
あたまの中で、ほんの少しドラマティックな展開が始まります

そう考えると、
廃墟フェチの人の気持ちも多少わかるかもしれない

というわけで
本日スクラップした記事はコチラ
古い教会を利用した荘厳な大型書店 - GiGAZiNE

圧巻です
卒業旅行では、ぜひこういう建築を見てまわりたい(>_<)

ヨーロッパの古い建築はたいてい建材が石とかだし地震も少ないし
↑に「築120年の古民家で~」なんてわざわざ書いたけど、
知り合いがベルギーに留学してるときに借りてたアパートの築年数もそんな感じで
建物の寿命が基本的に日本の木造建築よりずっと長いんですよね

こういった荘厳な教会のような建物は
実は日本国内でもよく探すと見ることができて
とくに私の住む関西には、そういった建築がたくさん残されているようです

阪神間モダニズム - Wikipedia

阪神間モダニズム(はんしんかんもだにずむ)とは、
明治時代後半から太平洋戦争直前の1940年(昭和15年)頃までの期間、阪神間を中心とした地区を土台に育まれた近代的な芸術・文化・生活様式とその時代を指す。(中略)大阪府下の池田市・箕面市・豊中市辺りまで、モダニズムの時期以降、文化圏を構成していたといえる地域である。

リンク先には代表例の建築の写真がたくさん載っています
先日西宮の関西学院大学に行く機会があったのですが
やはり独特の雰囲気があってとてもきれいでした

大阪市内は↑のWikipediaの記事によると
阪神間モダニズムの定義からは外れるようですけど、
大阪というと通天閣道頓堀の喧騒威勢の良いオバチャンのイメージですが
そのディープなミナミエリアを御堂筋沿いにちょっと北に足を伸ばすと
船場-本町-淀屋橋-西梅田 と、整然としたオフィス街の中に
非常に味のある古い西洋風建築のビルをたくさん見つけることができます

三井住友銀行ビルや日銀、中之島図書館、
そして淀屋橋をはじめとする、土佐堀川にかかるすてきな橋の数々。。。

はじめて自転車で難波から御堂筋を北上して梅田に行ったとき
大阪ってこんなきれいな街やったんや
って、びっくりしてしまいました

まぁ、私が普段住んでるのは同じ大阪でも
メッチャ下町、しかも半分スラム入ってるような白夜行の街ですからね
古いビルなんか一人で入ったら、本気であぶなくてしゃーない(((( ;゚д゚)))


現代建築とかもいいけれど、こういう懐古趣味的な建築も
どんどん街の遺産として”活用”しつつ残してほしいものです
維持が大変やろうけど。。。
スポンサーサイト
[ 2007/12/06 ] | +.その他.+ | CM(2) | TB(0)
+.COMMENTS.+
この記事へのコメント
図書館すごいな~!!
いっぺん行ってみたいわ♪

御堂筋沿いはたしかにそういう建築物多いかも!
中之島図書館は良く通った覚えがあるわ~
あそこは結構古いとこやね。
2007/12/07(金) 16:29 | URL | kazu #-[ EDiT]
あのへんほんま好きやわv-411
またmixiのっけるけど、銀杏が色づいてる季節の御堂筋はやばい!!!
むっちゃキレイv-353
2007/12/08(土) 04:57 | URL | けろり #-[ EDiT]
コメントを投稿する
URL:
コメント:
PASS:
秘密? 秘密のコメントにする
 
'+.TRACKBACKS.+'
この記事のトラックバックURL
http://kelori.blog69.fc2.com/tb.php/5-75a0e6a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
PROFiLE

TRACKBACKS

リアルタイムつぶやき@Twitter
モノ申す!

+.名.+
+.アド.+
+.題.+
+.文.+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。